金沢ふるさと偉人館

金沢ふるさと偉人館は、金沢ゆかりの「近代日本を支えた偉人たち」を展示する博物館です。               【旧偉人館雑報】 https://www.kanazawa-museum.jp/ijin/blog/index.html

金沢ふるさと偉人館

金沢ふるさと偉人館は、金沢ゆかりの「近代日本を支えた偉人たち」を展示する博物館です。               【旧偉人館雑報】 https://www.kanazawa-museum.jp/ijin/blog/index.html

マガジン

  • 令和4年度企画展

    金沢ふるさと偉人館 令和4年度企画展を紹介します。 前期:「中西悟堂 まぼろしの野鳥図鑑」 後期:「高峰譲吉没後100年記念展(仮)」

  • 雑報

    日々のアレコレ

  • ホップ・ステップ・ジャンプ!ー跳ぶ哲学者 大島鎌吉

    令和3年度後期企画展「ホップ・ステップ・ジャンプ!ー跳ぶ哲学者 大島鎌吉」(10/1~11/14)をもっと楽しんでもらうための様々な情報を発信していきます。 【大島鎌吉とは】 近現代における日本スポーツ界の振興に尽力した偉人です。 1932年ロサンゼルスオリンピックの三段跳び銅メダリストであり、ドイツ従軍記者として第二次世界大戦下の欧州を飛び回り、戦後は東京オリンピック選手団団長をつとめるほか、スポーツを通した青少年育成活動と平和運動に尽力したという、異色の経歴の持ち主です。 平和に基づくスポーツ思想と国内外をまたにかけた縦横無尽の活動から、「跳ぶ哲学者」「アジアのカール・ディーム」「東京オリンピックをつくった男」「プロフェッサー・オーシマ」「学生スポーツの父」など様々な異名を併せ持ちます。

  • 渋沢栄一と金沢の偉人

    大河ドラマ「青天を衝け」に便乗して、渋沢栄一と関わりの深い金沢の偉人とその逸話について紹介します。

  • 企画展 徳田秋聲生誕150年記念「『光を追うて』に見る金沢」

    令和3年度企画展「徳田秋聲生誕150年記念『光を追うて』に見る金沢-徳田秋聲と桐生悠々-」(4/24-9/12)に関する記事をまとめたものです。

記事一覧

③夢のドイツ 地獄のベルリン(1/3)

河野「奥さん、いいんですか、こんな豆タンクで、口悪いでしょう」 菊枝「口が悪いということは、心は口ほど悪くないということですから」 田畑「…菊枝、やめろ、照れるぞ…

②ロサンゼルスオリンピックじゃんねー!!(3/3)

岸「勝ち負けにのみこだわるのはオリンピックの精神に反する!」 田畑「それは明治の話だよ~、もう昭和だよ? 参加することに意義ないわ~、いい加減勝てよって、みんな…

②ロサンゼルスオリンピックじゃんねー!!(2/3)

田畑「国が豊かになればスポーツにも金が行き届く、富める国はスポーツも盛んで国民の関心も高いんです。先生方も、スポーツを政治に利用すりゃあいいんですよ、金も出して…

②ロサンゼルスオリンピックじゃんねー!!(1/3)

前回予告したとおり、今回は1932年ロサンゼルスオリンピック編でございます。 と、その前に、ロサンゼルスオリンピックに至るまでの大島鎌吉の足跡をせっかくなので見てい…

大河ドラマ「いだてん」と大島鎌吉①

五りん『続きまして1932年、ロサンゼルスオリンピックより、三段跳びの大島鎌吉!』 大島「え、呼んだ?」           大河ドラマ「いだてん」 第42回「東京流…

見どころ紹介! 大島鎌吉企画展

まん防明けの土日は晴れやかな外出日和となりました。皆様色々な秋を楽しんでおられますか。 企画展が昨日から始まりましたが、早速今日は小学生がIJINPICを楽しんでいまし…

③夢のドイツ 地獄のベルリン(1/3)

③夢のドイツ 地獄のベルリン(1/3)

河野「奥さん、いいんですか、こんな豆タンクで、口悪いでしょう」
菊枝「口が悪いということは、心は口ほど悪くないということですから」
田畑「…菊枝、やめろ、照れるぞ」
――第32回「独裁者」より

ロサンゼルスオリンピックから帰国後、社長令嬢の酒井菊枝と結婚。30で死ぬ死ぬ言われていた男が35歳でめでたく所帯を持つことに。
一方我らが大島というと――

「誇れ! 我等の大島! 家中大よろこび『死を覚

もっとみる
②ロサンゼルスオリンピックじゃんねー!!(3/3)

②ロサンゼルスオリンピックじゃんねー!!(3/3)

岸「勝ち負けにのみこだわるのはオリンピックの精神に反する!」
田畑「それは明治の話だよ~、もう昭和だよ? 参加することに意義ないわ~、いい加減勝てよって、みんな思ってるよ」
――第26回「明日なき暴走」より

第27回「替わり目」では、第一部の主人公金栗四三(中村勘九郎さん)が帰郷し、主役交替が明確に示された回でした。
そして、第28回「走れ大地を」では、1932年ロサンゼルスオリンピック準備の裏

もっとみる
②ロサンゼルスオリンピックじゃんねー!!(2/3)

②ロサンゼルスオリンピックじゃんねー!!(2/3)

田畑「国が豊かになればスポーツにも金が行き届く、富める国はスポーツも盛んで国民の関心も高いんです。先生方も、スポーツを政治に利用すりゃあいいんですよ、金も出して、口も出したらいかがですか?」
――(第26回「明日無き暴走」より)

まーちゃんの人生の岐路ともなった、高橋是清との交渉は1928年アムステルダムオリンピック参加への資金繰りに端を発します。オリンピックへの参加には莫大な経費が必要であるこ

もっとみる
②ロサンゼルスオリンピックじゃんねー!!(1/3)

②ロサンゼルスオリンピックじゃんねー!!(1/3)

前回予告したとおり、今回は1932年ロサンゼルスオリンピック編でございます。
と、その前に、ロサンゼルスオリンピックに至るまでの大島鎌吉の足跡をせっかくなので見ていきましょう。

「いだてん」第二部(通称河童編)は、関東大震災の翌年大正13年(1924)からスタートします(第25回「時代は変わる」)が、この年は大島が三段跳び選手として芽を出し始めた年でもあります。

「名を竹帛に垂れ」大島鎌吉登場

もっとみる
大河ドラマ「いだてん」と大島鎌吉①

大河ドラマ「いだてん」と大島鎌吉①

五りん『続きまして1932年、ロサンゼルスオリンピックより、三段跳びの大島鎌吉!』

大島「え、呼んだ?」

          大河ドラマ「いだてん」 第42回「東京流れ者」より

令和元年(2019)、大河ドラマ好きの筆者(山岸)に絶大なインパクトを与えたNHK大河ドラマ「いだてん」。
明治~昭和期の日本のスポーツ界と落語を題材にした異色の作品。脚本は「クドカン」こと宮藤官九郎さん。

日本人

もっとみる
見どころ紹介! 大島鎌吉企画展

見どころ紹介! 大島鎌吉企画展

まん防明けの土日は晴れやかな外出日和となりました。皆様色々な秋を楽しんでおられますか。
企画展が昨日から始まりましたが、早速今日は小学生がIJINPICを楽しんでいました(^^)
また、「大島さんの企画展を見に来ました」と言う方もチラホラ。
もっとその輪を広めていくため、張り切って企画展の広報していきたいと思います。

と、先日の雑報を読み返して、「あんま企画展の内容について書いてなかったな…」と

もっとみる